本文へスキップ

(国産)農業用 静置竹酢液 の販売/有限会社サンジェットアイ

(国産)農業用 静置竹酢液

減農薬・有機栽培におすすめ!
優れた抗菌力と活性力。竹は筍(たけのこ)からわずか数ヶ月で、成竹するパワーを秘めています。

竹◆竹酢液とは
「竹酢液」とは、「竹炭」を製造する時の煙から採取された酸性の液体で、 この時点では「租竹酢液」と呼ばれています。
静置竹酢液は、さらにじっくりと7ヶ月以上寝かせ、油分・タール分を除いています。

◆竹酢液の効果
竹酢液は土壌や茎葉の微生物を活性化し、作物の養分の吸収率を高め、作物の生理を整え、 茎葉を堅固にしたり、生長を早め、糖度を上げ、色つや、風味をよくするはたらきがあります。 効果は希釈や作物、生育時期、土壌環境、回数によって左右されます。




◆竹酢液と木酢液の違い
竹酢液は、木酢液よりもタール分が少ないので、透明度が高く、匂いもソフトで身体にもやさしいと言われています。また、フェノールや蟻酸などが木酢液よりも多く含まれることから、竹酢液は木酢液よりも酸度が高いので、殺菌力に優れています。

   竹酢液  木酢液
原 料  竹(孟宗、真竹等) 各種木材(クヌギ、ナラ、マツ、スギ、ウバメガシ等)
成 分  竹の種類に関わらずほぼ一定  木材の種類によってかなり異なるため一定しない
 味  まろやか  ピリッとした刺激がある
タール分  少ない 多い
酸 度  強い  弱い
蟻 酸  多い  少ない


◆竹酢液の種類

1.租竹酢液
竹を焼く時にでる排煙を冷却させた液体。いわゆる取立てのもので、タールや油分が非常に多く、農業用としてはこのまま使用してはいけない。(タールや油分が田畑に残留して害を及ぼす恐れあり。)

2.静置竹酢液
租竹酢液を10キロリットル以上のタンクで、7ヶ月以上静置(寝かせ)し、油分やタール分を取り除いた液体。農業用としての利用はこの静置したものを使わなければならない。

3.蒸留竹酢液
竹酢液を加熱して、沸点の差を利用して蒸留した液体。葉面散布で利用する場合は、蒸留竹酢液の使用が望ましい。



<農業用 静置竹酢液の使い方(希釈倍率によって効果が変わります)>
●土壌改良・土壌消毒
   50〜100倍に希釈 → 土壌散布

◇果樹などに部分的に土壌改良する場合は、1本の樹に対して、出来上がり量で100リットルを目安に施用。
◇田畑全面を土壌改良する場合は、10アールあたりに出来上がり量で2,000リットルを目安に施用。
(灌水で可。耕耘後に行うことをお勧めします。)

●成長抑制、徒長防止
   200〜300倍に希釈 → 葉面散布
●成長促進
   500〜800倍に希釈 → 土壌散布・葉面散布

◇果樹などに部分的に土壌改良する場合は、1本の樹に対して、出来上がり量で40〜50リットルを目安に施用。
◇田畑全面を土壌改良する場合は、10アールあたりに出来上がり量で500〜1,000リットルを目安に施用。
◇液肥混入器を使用する場合は、10アールあたりに原液換算で1〜2リットルを目安に施用。

●成長促進(播種時、幼苗期)
   1000倍に希釈 → 土壌散布・葉面散布


※静置と蒸留では希釈倍率が異なります。
国産静置竹酢液20L

国産 農業用 静置竹酢液 20L


☆全国送料無料!
※ただし他の商品と一緒にご注文される場合は送料が加算されます。

この商品について

原材料 孟宗竹(広島県産) 竹酢液100%
p H 3.2(±0.2)


お支払について

お支払について