本文へスキップ

乳酸菌・酵母菌 農業用発酵酵素肥料 B酵素の製造・販売/有限会社サンジェットアイ

発酵酵素肥料 B酵素

登録商標 第5901043号  特殊肥料

乳酸菌や酵母菌などの有用微生物で製造した酵素液が糖度や食味を良くします


B酵素1L

農業・園芸用発酵酵素肥料 B酵素 1L


B酵素5L

農業・園芸用発酵酵素肥料 B酵素 5Lバロンボックス



糖度が高くなる
食味が良くなる
着色が良くなる
収量が増える
根の張りが良くなる
密度が増す


←2016年09月08日動画アップ
左側ー使用、右側−未使用


◆過剰な硝酸態チッソを速やかに同化します
代謝・転流を促進させて、収量が増え、品質を向上させます。

◆天候不順や日照不足による生育不良を改善します
光合成産物(炭水化物)を補充し、アミノ酸の合成能力を高めます。

◆糖度や着色を向上させ、収量が増えます
生育ステージが早くなります。

◆免疫力を向上させます
植物本来の力を発揮させ、免疫力・活性力を高めます。
生育障害や軟弱生育を是正し、様々なストレスを緩和させます。

◆発根促進
根の張りが良くなります。
チュルオタ 発根試験
       ※画像をクリックすると拡大します

◆豊富な有効成分
微生物由来の酵素、核酸、天然由来のミネラル、乳酸菌や酵母菌由来の有機酸、ビタミン、各種アミノ酸などが豊富に含まれております。
※界面活性効果が高く、植物への浸透力が優れていますので、短時間で吸収されます。

農薬ではありません。


植物活力液「竹のエキス」との混用施用が大変効果的です。


B酵素の施用方法

 野菜・果樹・花卉・米・豆類などあらゆる作物に使用できます
葉面散布 希釈倍率:1,000倍〜2,000倍
散布時期:7日〜15日間隔
散布量は出来上り量で、10a(300坪)あたり100L〜200Lが目安。

※散布量や散布時期は作物や栽培状況に応じて加減してください。
土壌散布
(潅水)
希釈倍率:3,000倍〜5,000倍
散布時期:7日〜15日間隔
散布量は出来上り量で、10a(300坪)あたり500L〜1,000Lが目安。
潅水設備などを利用する場合は、原液量で、10a(300坪)あたり100cc〜200ccが目安。

※散布量や散布時期は作物や栽培状況に応じて加減してください。

※作物によっては、生育期後半は薄めで散布すると、良い効果が期待できます。

 → 作物別 詳しい標準使用例 はこちら ※新しいウインドウが開きます

B酵素を使用して頂いている農家様からのお喜びの声

●キュウリの品質が良くなった。
●ネギの品質が良くなった。
●長ねぎのサビ病が激減した。
●黄ニラの品質が良くなった。
●小松菜の背丈が良くなり、収量が上がった。
●桃の糖度が上がり、秀品率も向上した。
●イチゴの果実の肥大が良くなった。
●イチゴのうどん粉病が発生しにくくなった。
●全体的に生育が良くなった。
●根の張りが良くなった。
●土がやわらかくなった。


この商品について

原材料 糖蜜、マルトオリゴ糖、海洋性ミネラル、野草エキス、カニ殻エキス、有用微生物(遺伝子組み換え無しの土着菌)
肥料の種類 たい肥
成分分析例 窒素全量   0.17%
りん酸全量  0.02%
加里全量   0.93%
炭素窒素比  50.6
カルシウム  0.39%
マグネシウム 0.45%
製造場所 岡山県(有限会社サンジェットアイ)
使用上の注意 日中を避け、朝夕にご使用ください。
用途以外には使用しないで下さい。
容器を軽く振ってからご使用下さい。
B酵素は酸性です。アルカリ性の農薬との混合は避けてください。
天然成分の為、沈殿物や浮遊物が生じる場合がありますが、品質・効果には問題ありません。
B酵素は特殊肥料です。(特殊肥料届出済)

<よくある質問>
Q.農薬と混用はできますか?
A.できます。混用の場合はB酵素2,000倍希釈で使用してください。ただし、薬害の出やすい農薬との混用は避けてください。
Q.簡単な希釈方法はありますか?
A.市販のペットボトルのキャップが約5mlですので、10L作る場合は、キャップ2杯(10ml)で1,000倍となります。
Q.B酵素の有効期限は?
A.未開封の場合約2年ですが、開封後はできるだけ1年以内に使い切ってください。
 保存する場合は、直射日光・高温多湿を避けてください。

お支払について

お支払について